中古車を手放すときにオークションに出して売ることができることを知って、いわゆる中古車の代行オークションを利用してみました。オークションは会員しかクルマを出品することはできませんので個人がいきなり参加することはできないのですが、会員になっている業者さんに依頼して代わりに出品してもらって売却ができれば買い取り店に売却するよりもかなり高く売れると聞いて利用してみることにしました。私の乗っていたのはハイブリッド車で比較的人気も高かったので、代行業者に相談したところ売れるのではないかという回答を得て、とにかく一度やってみることにしたのです。面白いのはオークション代行にお願いしますと、実際の落札価格がわかるのです。

私の場合には初回のオークションでみごと売却が決定しましたが、クルマによっては何回か出品しないと売れないこともあるようですし、不人気車や輸入車、修復暦のある訳あり車両は簡単に売れないこともあるようです。したがって、だれでもこうした仕組みを利世言うするのはお勧めはできませんが、一定の需給のバランスが働いている人気車種の場合には利用してみるのがお勧めです。正直買取店に出すよりもかなりいい値で処分することができました。代行業者のマージンを支払っても相当異なる金額でしたから、やはり買い取り店はリスク負担も含めてそれなりの金額を差し引いて買取価格を提示してきているのだということがよくわかった次第です。

Comments are closed.

Post Navigation